花の定期便の価格はコスパが悪い?サブスク運営者目線で比較

花の定期便コスパ

まずは結論として、花の定期便はコスパが悪いという面があるのも事実です。

しかし、ほんのちょっとだけ。

これは運営者目線で正直に書いてしまいますが、輸送コスト分がかかる反面、販売人件費や花の管理費が抑えられる面もあるんです。

特に、弊サービスFORESTY(フォレスティー)では、ロスフラワー削減を活動目標としているので、花の仕入れコストや管理費は大幅に効率化しております。

定期便は、あなたに合ったプラン選びをすることが重要!

プランが合っていれば、コスパよく手軽にお花を楽しめちゃうんです。

ただ、注意点として、とにかく安くお花を飾りたい方には、スーパーでお花を買う方がベストな場合も。

ということで今回は、お花の定期便の値段が気になる方向けに、サブスク運営者目線でコスパ比較をしてみました。

これからお花の定期便を始める方、乗り換えを検討されている方はぜひご参考ください。

目次

花の定期便のサブスク価格

まずは花の定期便のサブスク価格をざっくり比べてみました。

定期便1回当たりの価格花の本数
FORESTY700円~3本~
B定期便500円~3本~
H定期便 1650円~5本~
L定期便 858円~3本~
M定期便 990円~4本~

弊サービス FORESTY(フォレスティー) では、3本700円から選べるプラン価格で、高級感のあるお花が楽しめます。

その他の定期便では、最安500円から、花1本当たり200円といった価格帯が相場です。

これは、単純に1本当たりが安ければいいというわけではありません。

お花の雰囲気、サービスの信頼性、付加価値等のトータルで選んでみてくださいね。

ちなみに、FORESTY(フォレスティー) では、植林やHANANINGEN特典の付加価値も目玉となっております。

しかし、お花の値段もとても気になるところで、お店で買ったお花と定期便も比べてみましょう。

花屋と比べた値段コスパ

GANON FLORIST ひまわり配布

定期便と花屋とスーパーで買うお花の価格を比べてみました。

価格1本当たりの価格
定期便500円~200円
花屋200円~200円
スーパー100円~100円

おおよそこのような価格帯で、スーパーで買うのが最も安い傾向です。

じゃあお花はスーパーで買うのがいいのか?

とも限らず、メリットデメリットもあります。

スーパーで買うと、お花の種類が限られていますし、お花の状態がそんなに良くないことも。

これはお店にもよるんですけどね。

専門店である花屋と比べると、スーパー売りはどうしても少し見劣りしてしまう面もあります。

そして定期便の値段は、正直なところお花屋とそんなに変わりません。

この理由は冒頭にも書きましたが、 輸送コスト分がかかる反面、販売人件費や花の管理費が抑えられる面もあるから。

そして、定期便の大きなメリットは価格以外にあります。

定期便の価値はコスパ以上のお手軽さ

花の定期便の価値は、

  • 家から出なくていい
  • 自動的に届く
  • プロが選んだ花が楽しめる
  • 定期ギフトにも使える

このように、手軽に継続的にお花を楽しめる点が定期便のメリットです。

枯れそうなときにお花が届くって、想像以上に素敵なこと。

常にお部屋に花があると、いつもフレッシュな気持ちでいられますし、来客時のお出迎え感も◎

そして、花のサブスクをしてるという最先端感もちょっと自慢ポイント。

価格だけを求めるならスーパーのお花でいいのですが、定期便ならではのお花もぜひお楽しみになってください。

FORESTYの値段コスパは?

最後に、弊サービスFORESTY(フォレスティー)の値段コスパもちょっとだけご紹介。

  • 700円で3本以上から
  • 送料はポスト投函360円or宅配550円
  • 選べる5プラン
  • HANANINGEN撮影特典あり(20%オフ等)
  • 売上の一部を植林活動へ

お花のサブスク業界的には安い価格帯を実現しており、高級感のあるパッケージでコスパは非常に高いと自負しております。

また、お花を飾ってのHANANINGENを20%オフで撮影できるという採算度外視の特典も。

HANANINGENギャラリー
HANANINGEN

さらに、定期便の売上の一部を植林活動に充てることで、「あなたがお花を飾ることで地球に緑を増やす」ことを実現しました。

定期便ならではの大きな価値を提供するFORESTYもぜひチェックしてみてくださいね。

Please Share
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる